Wink 30周年特設サイト

Sachiko Suzuki

こんにちは。Winkの鈴木早智子です。

こんなふうに、ご挨拶するのも照れてしまいますね。(笑)
4月27日で、Wink結成30年を迎える事になりました。そして記念のシングル盤が手元に届きました。

これを見ていると自分であって自分でないような不思議な感覚に陥ってしまいます。あらためて当時をふり返ってみると言葉で表現するには難しいほど色々な想いが頭をよぎります。何よりも、当時応援して下さったファンの皆さん!陰ながら支えて下さったスタッフの方々には心から感謝の想いでいっぱいです。

そして、翔子というかけがえのない大切なパートナーの存在があってこそのWinkでした。たった一つ、ずっと胸の片隅にあり心残りだった事は、ファンの皆さんの前で直接!伝えられないまま突然の活動停止に入ってしまった事でした。当時はとても複雑な思いでしたが、この節目に、何か一つでも恩返しが出来たらとの想いでいます。

Shoko Aida

Wink30周年...。
デビューした当初は、まさか自分が、30年後に真新しく復活した自分達のE P盤を手に、応援して下さった皆様へメッセージをしたためる瞬間が来るなんて、想像すらしていませんでした。感激です!
かけがえのない唯一無二の存在である早智子と出会わなければ、今この瞬間を含めた数々の感動や夢のような経験を味わう事は出来なかったと思います。喜びや苦悩を共に分け合いながら、また笑顔でこのANNIVERSARYを噛み締めあえる事に胸一杯の幸せを感じています。
あの頃、次々と魅惑的な楽曲が私達に届き、最高のパフォーマンスが出来るよう支えて下さったスタッフの皆様にも感謝しています。
そしてあなたにも!


30年も経ったのかと思いつつ…。
 しかし、改めてWinkが過去に出した楽曲を聴いたり映像を見たりしても、長い時の経過をまったく感じさせない。
サウンドはまったく古びておらず、振り付けや衣装なども色鮮やかなまま、今でも充分に通用する。
ただそこにバブル時代の余韻が横たわっているだけだ。
 凄まじいまでのスケジュールで制作していたあの頃。でもどこにも手抜きを感じさせないのも、プロがプロとしての力を結集して作っていたからだろう。
Winkはいわば「徹底した職人たちが作り出した世界」でもあった。
そして30年という月日も、単にあの頃の続きでしかないと思えるのだ。


作詞家 及川眠子

  • 2018.03.29

    『Winkスペシャル』オンエアのお知らせ

    スペースシャワーTVプラス(CS放送)にて、4/8(日)18:00~18:30(リピート4/27 22:00~ 他、5月予定)に、M.V.特集がオンエアされます。是非ご覧ください!詳細はこちら

  • 2018.02.09

    Wink 30th Special Official SNS

    Instagram :wink30th
    twitter:@wink_30th
    Facebook:Wink 30th Anniversaly Special

  • 2018.02.09

    Wink 30周年 特設WEBサイトオープン

    Wink 30周年を記念し特設WEBサイトオープン致しました。
    http://www.polystar.co.jp/wink30th/

  • 今年、デビュー30周年を迎えるWinkが贈る、スペシャル企画第1弾。 全25タイトルのシングルから1988年~1990年に発売された6タイトルが、EP盤化されました。現在、その入手困難な EP盤6作品を完全復刻し、リリースすることが決まりました。更に、プロモート盤オンリーとしてアナログ化されていた 2タイトルも初EP盤化。音源はオリジナル・マスターテープから、最新のマスタリング技術を駆使した拘りの作品です。 ジャケット復刻に追加する特典として、オリジナとバージョンが違うジャケットを封入。発売日は1988年4月27日のデ ビューにあわせた、30周年にふさわしい復刻EP盤シリーズ、全8作品です。

    発売日:2018年4月27日(金)

    Wink

    シングル7inch EP盤 【完全限定盤】

    ジャケット仕様:オリジナル復刻 / 紙内袋

    封入特典:アナザー・バージョン・ジャケット

    オリジナル・リマスター盤

    Side A:Sugar Baby Love

    Side B:風の前奏曲 ~プレリュード~

    1988年4月27日リリースのデビュー・シングル。フジテレビ系「熱っぽいの!」主題歌。最高チャート20位を記録。イギリスで人気を誇る『The Rubettes』のカバー曲で、記録的なヒットとなった。Wink同様、デビュー曲。カップリングは一風堂の見岳 章が作曲を担当。

    Side A:アマリリス

    Side B:迷子のロンリー・ハート

    1988年9月7日リリースの2ndシングル。作家に森雪之丞、佐藤健を起用し、編曲は鈴木茂(はっぴいえんど)が担当。80~90年代を牽引する布陣を起用したタイトル。
    多くのカバー曲をリリースした初期シングル群の中では数少ないオリジナル書き下ろし楽曲。

    Side A:愛が止まらない ~Turn it into love~

    Side B:DING DING ~恋から始まるふたりのトレイン~

    1988年11月16日リリースの3rdシングル。フジテレビ系ドラマ「追いかけたいの!」主題歌。各チャート番組で初の1位を獲得。更には第22回全国有線大賞でグランプリ受賞。オリジナルは日本でも人気を誇った、オーストラリアの『カイリー・ミノーグ』カバー楽曲。

    Side A:涙をみせないで ~Boys Don't Cry~

    Side B:Only Lonely

    1989年3月16日リリースの4thシングル。チャート初登場で1位を記録。オリジナルは80年代後期にムーブメントとなったユーロビート系ユニット、スロベニアの『ムーラン・ルージュ』カバー。カップリング楽曲はイギリスのコーラス・グループ『ザ・ドゥーリーズ』のカバー。

    Side A:淋しい熱帯魚

    Side B:背中まで500マイル

    1989年7月5日リリースの5thシングル。パナソニック「ヘッドホン・ステレオ Sタイプ」CMソング。チャート初登場で1位を記録。2人の振り付けと共に現在でも人気を誇るWinkの代表曲。作詞にはWinkに多数の歌詞を提供した及川眠子が担当。オリジナル書き下ろし楽曲として初のヒット・シングルとなる。カップリングはアメリカのフォーク・グループ『ピーター・ポール&マリー』のカバー。色彩豊かなポップ・ソングにアレンジされた。

    Side A:One Night in Heaven ~真夜中のエンジェル~

    Side B:Cat-Walk Dancing

    1989年11月1日リリースの6thシングル。パナソニック「マックロード・ムービー」CMソング。チャート初登場で1位を記録。Winkとして最後となったアナログ・シングルのタイトル。カップリング同様、作詞には松本隆(はっぴいえんど)が担当。

    Side A:SPECIAL TO ME

    Side B:One Night in Heaven ~真夜中のエンジェル~ [Remix]

    1989年12月1日リリースしたアルバム『Twin Memories』(CD)のプロモーションEP盤の初商品化。バレーボールワールドカップ1989イメージソング。「和モノ A to Z」(2015年リットーミュージック発行)で脚光を浴び、DJ界でも人気を誇る1曲。オリジナルはAORシンガー『ボビー・コールドウェル』のカバー楽曲。

    Side A:Sexy Music

    Side B:いちばん哀しい薔薇

    1990年3月28日にリリース、7thシングル(CD)のプロモーションEP盤の初商品化。チャート1位を獲得。イギリスの人気グループ『ノーランズ』のカバー楽曲。

    相田翔子(1970年2月23日生まれ、東京都出身)、鈴木早智子(1969年2月22日生まれ、東京都出身)からなるアイドル・デュオ。1988年Winkを結成、シングル「Sugar Baby Love」でデビュー。1989年「愛が止まらない~Turn It Into Love~」で全日本有線放送大賞グランプリを受賞、同年「淋しい熱帯魚」で日本レコード大賞受賞。同曲で第40回NHK紅白歌合戦に出場。90年代を代表するアイドルとして一世を風靡した。1996年3月に活動停止するも、これまでに3回の復活を果たす。

    WINK BIOGRAPHY 1987-2018
    1. ●1987
    2. 3. 早智子「UP TO BOY」ミスUPに選ばれる。
    3. 9. 翔子「UP TO BOY」ミスUPに選ばれる。
    4. ●1988
    5. 4.27 シングル「Sugar Baby Love」(フジテレビ系「熱っぽいの!」主題歌)でデビュー。最高チャート20位を記録。
    6. 5.4  都内で初の公開番組出演。代々木のスポーツフェア会場でデビュー曲を歌う。
    7. 6.10~ 初のキャンペーンで仙台・盛岡へ。このとき初のテレビ出演をする。
    8. 7.1 ファース・トアルバム「Moonlight Serenade」発表。最高位52位を記録。
    9. 8.~ 全国的なキャンペーンを展開。場所によっては6~7人のお客さんしかいないことも。
    10. 9.7 セカンド・シングル「アマリリス」発表。最高位30位を記録。
    11. 10.~ テレビ朝日「熱帯夜」レギュラー出演。
    12. 11.16 サード・シングル「愛が止まらない」発表。
    13. 12.1 ミニ・アルバム「At Heel Diamonds」発表。最高位6位を記録。
    14. 12.12 日本テレビ系「歌のトップテン」"もうすぐトップテン"のコーナーに出演。
    15. 12.22 TBS系「ザ・ベストテン」"スポットライト"のコーナーに出演。この頃からWINKが巷の噂になりはじめる。
    16. ●1989
    17. 1.5 「愛が止まらない」「ザ・ベストテン」6位で初登場。同番組にはこの日から21週連続出演する。
    18. 1.16 「愛が止まらない」「歌のトップテン」8位で初登場。同番組にはこの日から20週連続で出演する。
    19. 2.13 ジワジワとチャートをかけ上がってきた「愛が止まらない」が登場12週目にして遂に1位になる。
    20. 2.27 「愛が止まらない」「歌のトップテン」で1位を獲得。
    21. 3.2 「愛が止まらない」「ザ・ベストテン」で1位を獲得。
    22. 3.26 4枚目のシングル「涙をみせないで」発表。チャート初登場1位を記録。
    23. 4.~ フジテレビ系「パラダイスGo!Go!」レギュラー出演。
    24. 4.26 2枚目のアルバム「Especially For You~優しさにつつまれて~」発表。アルバムチャート1位を獲得。
    25. 7.5 5枚目のシングル「淋しい熱帯魚」発表。初登場1位を獲得。
    26. 7.25 初のVIDEO CLIP集「Heart On Wave」発表。初登場1位を記録。
    27. 8.21~ 初のコンサートツアー「Especially For You ~Ⅰ」スタート。全国23カ所25公演。
    28. 10.14~ ニッポン放送「あなたにWink」レギュラー出演開始。
    29. 11.1 6枚目のシングル「One Night In Heaven」発売。初登場1位を記録。
    30. 11.6 バレーボールワールドカップ'89のオープニングセレモニーにゲスト出演。同大会のテーマソングには「Special To Me」が使用された。
    31. 12.  WINKとしての初のドラマ出演。TBS系「コンプレックス可愛いコになれない」
    32. 12.1 3枚目のアルバム「Twin Memories」発売。
    33. 12.14 第22回全日本有線放送大賞で「淋しい熱帯魚」が年間グランプリ受賞。
    34. 12.31 NHK「紅白歌合戦」出場。「淋しい熱帯魚」が第31回日本レコード大賞を受賞。
    35. ●1990
    36. 写真集撮影でL.A.ハワイへ向かう。
    37. 3.28 7枚目のシングル「Sexy Music」発表。チャート1位を獲得。
    38. 4.10 オリジナルカラオケ集「Fairy Tone」発表。
    39. 4.22 フジテレビ系「夜のヒットスタジオ」出演で香港へ。2泊3日のハードな日程だった。
    40. 5.25 初のライブアルバム「Shining Star」発表。チャート1位を獲得。
    41. 6.11 総理大臣官邸で行われた"芸術文化関係者の集い"に参加。
    42. 7.4 8枚目のシングル「夜にはぐれて」発表。
    43. 7.11 5枚目のアルバム「Velvet」発表。
    44. 7.14 全国ツアー「Especially For You~Ⅱ」スタート。全国24カ所28公演。
    45. 7.16 ライブビデオ「Shining Star」発表。チャート1位を獲得。
    46. 9.15 ツアー終了にともない2週間の長期休暇をとる。これはデビュー以来初めての長期休暇だった。
    47. 9.25 初のイメージビデオ「Winkissimo」発表。
    48. 10. 翔子、初の出演映画「ゴールドラッシュ」の撮影開始。
    49. 11. 早智子、初の主演映画「きんぴら」撮影開始。
    50. 11.1 初のベストアルバム「Wink Hot Singles」発表。
    51. 12.16 9枚目のシングル「ニュー・ムーンに逢いましょう」発表。2枚目のVIDEO CLIP集「Heart On Wave Ⅱ」発表。
    52. 12.26 6枚目のアルバム「Crescent」発表。
    53. ●1991
    54. 1. 翔子出演映画「ゴールドラッシュ」、早智子出演映画「きんぴら」公開。
    55. 1.1 年明けとともに、コンサートリハーサルに入る。
    56. 1.11 静岡市民会館を端緒に、全国ツアー「Especially For You~Ⅲ」スタート。全国12カ所15回公演。
    57. 3.20 10枚目のシングル「きっと熱いくちびる」発表。
    58. 5.14~ 香港にてCF撮り及び写真集撮影。(~22まで)
    59. 6.19 11枚目のシングル「真夏のトレモロ」発表。
    60. 6.24 コンサートリハーサル開始。
    61. 7.10 7枚目のアルバム「Queen of Love」発売。
    62. 7.19 千葉県市民会館を端緒に、夏のコンサートツアー「Wink Summer Tour 1991」スタート。全国18カ所22回公演。
    63. 8.21 フジテレビ系「やまだかつてないテレビ」スペシャル・ライブ・イン・武道館にて「真夏のトレモロ」「淋し熱帯魚」2曲を歌う。(8.25オンエア)
    64. 9.25 オール香港ロケによる撮り下ろしビデオクリップ集「Yin&Yang(イン&ヤン)」発売。
    65. 10.16 12枚目のシングル「背徳のシナリオ」発売。
    66. 11.25 7枚目のオリジナルアルバム「Sapphire」発売。2枚目のオリジナルカラオケ集「Fairy ToneⅡ」発売。
    67. 12.5 3枚目のVIDEO CLIP集「Heart On Wave Ⅲ」発売。
    68. 12.16 初のアニメテーマ曲「追憶のヒロイン」(日本テレビ系アニメ「わたしとわたし~ふたりのロッテ」エンディングテーマ)13枚目のシングルとして発売。
    69. 12.21 2枚目のベストアルバム「Diamond Box」発売。
    70. 12.28 WINKの活動と並行して早智子、ソロアルバム制作にとりかかる。
    71. ●1992
    72. 1.9 早智子、初の単独出演ドラマ「真夜中は別の顔」(テレビ朝日系)放送開始。
    73. 2.20 コンサートリハーサル開始。
    74. 3.10 春のコンサートツアー「Sapphire」戸田文化会館よりスタート。全国12カ所15回公演。
    75. 3.11 WINKコンサートツアーと並行して翔子ソロアルバム制作にとりかかる。
    76. 3.25 14枚目のシングル「摩天楼ミュージアム」発売。早智子、初のソロミニアルバム「Mode」発売。
    77. 4.25 8枚目のオリジナルアルバム「Each side of screen」
    78. 5.25 翔子、初のソロミニアルバム「Delphinium」発売。
    79. 7.22 15枚目のシングル「ふりむかないで」発売。
    80. 7.~ 翔子、初の単独出演ドラマ「キライじゃないぜ」(TBSテレビ系)放送開始。
    81. 7.28 全国ツアー「Especially For You~Ⅳ」を立川市民会館よりスタート。全国23カ所。
    82. 9.26 2枚目のライブ・ビデオ「Wink '92 Concert~Sapphire」発売。
    83. 10.~ 早智子、ドラマ出演。柴門ふみセレクション「結婚オペレーション10 TO 7」(テレビ朝日系)
    84. 10.21 16枚目のシングル「リアルな夢の条件」発売。
    85. 11.26 9枚目のオリジナルアルバム「Nocturne」発売。
    86. 12.21 2枚目のベストアルバム「Raisonn'e」発売。
    87. ●1993
    88. 1.8 翔子、ドラマ撮影に入る。
    89. 2. 翔子、ドラマ出演「白いシーツの女」(テレビ朝日系)
    90. 2.17 17枚目のシングル「永遠のレディードール」発売。
    91. 3.25 4枚目のVIDEO CLIP集「Heart On Wave Ⅳ」発売。
    92. 4. フジテレビ系「チャンス」に翔子、音楽事務所の社長秘書役として出演。
    93. 5.26 18枚目のシングル「結婚しようね」発売、フジテレビ系「ツヨシしっかりしなさい」エンディングテーマ。カップリング曲「幻が叫んでいる」は、T&E SOFT「ソード・ワールドSFC」のCMソングとなる。
    94. 6.25 10枚目オリジナルアルバム「Αφροδιτη~アプロデーテ~」発売、同時にWOW WOWでのライブを収録した「天使達の夜会~La Soire(アクサンタギューにしてください)e D'anges」発売。
    95. 7.~ デビュー5周年を記念してファンクラブイベントを全国で行う。
    96. 7.20~「Wink Concert Tour 1993 ~Especially For You Final」札幌をスタートに8月末日まで行う。
    97. 9.1 「Sugar Baby Love」から「結婚しようね」までのビデオクリップを1本に収録した、5周年記念完全ベストクリップ集「NOBLE STATE」発売。
    98. 9.8 19枚目のシングル「咲き誇れ愛しさよ」発売。資生堂プルミエCFソング「新鮮になろう」をテーマに、いままでのWINKとは全く違ったアプローチを展開。
    99. 10. ~早智子、フジテレビ系「志村けんはいかがでしょう」レギュラー出演。
    100. 11.26 11枚目のオリジナルアルバム「BRUNCH」発売。
    101. ●1994
    102. 2.23 20枚目のシングル「いつまでも好きでいたくて」発売。
    103. 3.25 3枚目のベストアルバム「Diary」発売。
    104. 5.25 21枚目のシングル「トゥインクル トゥインクル」(TOKYO CITY KEIBAトゥインクルレースCMソング)発売。
    105. 7.1 12枚目のオリジナルアルバム「overture!」、VIDEO CLIP集第5弾「Heart On Wave Ⅴ」発売。
    106. 7.26 コンサートリハーサル開始。
    107. 8.13~ 1994 concert tour "overture!"スタート。
    108. 10.26 22枚目のシングル「シェリー モン シェリ」発売。
    109. 12.1 13枚目のオリジナルアルバム「voce」発売。
    110. ●1995
    111. 2.~ 早智子、舞台リハーサルスタート。
    112. 2.25~ 初の2枚組カップリング曲集、B面コレクション「Back to front」発売。
    113. 3. 翔子、ソロプロジェクトに着手。
    114. 3.1 23枚目のシングル「私たちらしいルール」発売。
    115. 3.18 早智子、初舞台・初主演「怪盗チェリーのレストラン」公演開始。(銀座博品館劇場/9日間13回公演)
    116. 6.25 24枚目のシングル「JIVE INTO THE NIGHT -HYPER EURO MIX」発売。
    117. 7.5 14枚目のオリジナルアルバム「Flyin' High」発売。
    118. 9. 早智子、ソロシングルの制作に入る。
    119. 9.1 初のリミックスアルバム「REMIXES」発売。
    120. 9.15 25枚目のシングル「Angel Love Story」発売。
    121. 11.25 4枚目のベストアルバム「Reminiscence」、VIDEO CLIP集6作目「Heart On Wave Ⅵ」発売。
    122. ●1996
    123. 1.20 翔子。3曲入りソロシングル「i Julia」(タワーレコード"bounce"レーベル)発売。
    124. 2.25 早智子、ソロシングル「La Gioconga」発売。
    125. 3.25 シングル曲「Sugar Baby Love」から「Angel Love Story」まで全25曲を、リマスタリングしたアルバム「WINK MEMORIES 1988-1996」発売。
    126. 3.31 活動停止。
    127. ●1998
    128. 12.29 日本レコード大賞40周年記念番組出演。
    129. ●1999
    130. 12. TBS特別番組(超える!テレビ)出演。
    131. ●2008
    132. 12.30 第50回日本レコード大賞出演
    133. ●2013
    134. 6.5 デビュー25周年企画、メンバー選曲&監修によるベスト・アルバム「SELECTION - 25th Anniversary Self Selection - 」リリース。
    135. ●2018
    136. 4.27 デビュー30周年企画、EP盤復刻8タイトルリリース。