Wink 30周年特設サイト

  • 2018.02.09

    Wink 30th Special Official SNS

    Instagram :wink30th
    twitter:@wink_30th
    Facebook:Wink 30th Anniversaly Special

  • 2018.02.09

    Wink 30周年 特設WEBサイトオープン

    Wink 30周年を記念し特設WEBサイトオープン致しました。
    http://www.polystar.co.jp/wink30th/

  • 今年、デビュー30周年を迎えるWinkが贈る、スペシャル企画第1弾。 全25タイトルのシングルから1988年~1990年に発売された6タイトルが、EP盤化されました。現在、その入手困難な EP盤6作品を完全復刻し、リリースすることが決まりました。更に、プロモート盤オンリーとしてアナログ化されていた 2タイトルも初EP盤化。音源はオリジナル・マスターテープから、最新のマスタリング技術を駆使した拘りの作品です。 ジャケット復刻に追加する特典として、オリジナとバージョンが違うジャケットを封入。発売日は1988年4月27日のデ ビューにあわせた、30周年にふさわしい復刻EP盤シリーズ、全8作品です。

    発売日:2018年4月27日(金)

    Wink

    シングル7inch EP盤 【完全限定盤】

    ジャケット仕様:オリジナル復刻 / 紙内袋

    封入特典:アナザー・バージョン・ジャケット

    オリジナル・リマスター盤

    Side A:Sugar Baby Love

    Side B:風の前奏曲 ~プレリュード~

    1988年4月27日リリースのデビュー・シングル。フジテレビ系「熱っぽいの!」主題歌。最高チャート20位を記録。イギリスで人気を誇る『The Rubettes』のカバー曲で、記録的なヒットとなった。Wink同様、デビュー曲。カップリングは一風堂の見岳 章が作曲を担当。

    Side A:アマリリス

    Side B:迷子のロンリー・ハート

    1988年9月7日リリースの2ndシングル。作家に森雪之丞、佐藤健を起用し、編曲は鈴木茂(はっぴいえんど)が担当。80~90年代を牽引する布陣を起用したタイトル。
    多くのカバー曲をリリースした初期シングル群の中では数少ないオリジナル書き下ろし楽曲。

    Side A:愛が止まらない ~Turn it into love~

    Side B:DING DING ~恋から始まるふたりのトレイン~

    1988年11月16日リリースの3rdシングル。フジテレビ系ドラマ「追いかけたいの!」主題歌。各チャート番組で初の1位を獲得。更には第22回全国有線大賞でグランプリ受賞。オリジナルは日本でも人気を誇った、オーストラリアの『カイリー・ミノーグ』カバー楽曲。

    Side A:涙をみせないで ~Boys Don't Cry~

    Side B:Only Lonely

    1989年3月16日リリースの4thシングル。チャート初登場で1位を記録。オリジナルは80年代後期にムーブメントとなったユーロビート系ユニット、スロベニアの『ムーラン・ルージュ』カバー。カップリング楽曲はイギリスのコーラス・グループ『ザ・ドゥーリーズ』のカバー。

    Side A:淋しい熱帯魚

    Side B:背中まで500マイル

    1989年7月5日リリースの5thシングル。パナソニック「ヘッドホン・ステレオ Sタイプ」CMソング。チャート初登場で1位を記録。2人の振り付けと共に現在でも人気を誇るWinkの代表曲。作詞にはWinkに多数の歌詞を提供した及川眠子が担当。オリジナル書き下ろし楽曲として初のヒット・シングルとなる。カップリングはアメリカのフォーク・グループ『ピーター・ポール&マリー』のカバー。色彩豊かなポップ・ソングにアレンジされた。

    Side A:One Night in Heaven ~真夜中のエンジェル~

    Side B:Cat-Walk Dancing

    1989年11月1日リリースの6thシングル。パナソニック「マックロード・ムービー」CMソング。チャート初登場で1位を記録。Winkとして最後となったアナログ・シングルのタイトル。カップリング同様、作詞には松本隆(はっぴいえんど)が担当。

    Side A:SPECIAL TO ME

    Side B:One Night in Heaven ~真夜中のエンジェル~ [Remix]

    1989年12月1日リリースしたアルバム『Twin Memories』(CD)のプロモーションEP盤の初商品化。バレーボールワールドカップ1989イメージソング。「和モノ A to Z」(2015年リットーミュージック発行)で脚光を浴び、DJ界でも人気を誇る1曲。オリジナルはAORシンガー『ボビー・コードウェル』のカバー楽曲。

    Side A:Sexy Music

    Side B:いちばん哀しい薔薇

    1990年3月28日にリリース、7thシングル(CD)のプロモーションEP盤の初商品化。チャート1位を獲得。イギリスの人気グループ『ノーランズ』のカバー楽曲。