「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック

フェニックス2 ~「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック

Release

テレビ東京で高視聴率を誇る人気の経済番組御三家「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」他のサウンドトラック盤、第2弾登場!

【収録曲】
01. ZIPANGU~沸騰~「日経スペシャル 未来世紀ジパング」テーマ曲
02. ZIPANGU~未来へ~「日経スペシャル 未来世紀ジパング」挿入曲
03. VICTOR~戦士たちへ~「戦士の逸品」テーマ曲
04. Wish Of The Earth「エンデュランス~馬と駆ける冒険」テーマ曲
05. Crossing the Rubicon「ルビコンの決断」オープニング・テーマ
06. 流星の輝き 「ルビコンの決断」エンディング・テーマ
07. Crowed Chant「日経スペシャル カンブリア宮殿 」ダイジェスト・テーマ
08. Vaya Con Dios(バイヤ ・コン・ディオス)
「日経スペシャル カンブリア宮殿 」エンディング・テーマ
09. Amapola(アマポーラ) 「日経スペシャル カンブリア宮殿 」エンディング・テーマ
10. ガイアの夜明け~鼓動~「日経スペシャル ガイアの夜明け」オープニング・テーマ
11. 夜空の花「日経スペシャル ガイアの夜明け」エンディング・テーマ

Special Track:Wish Of The Earth「エンデュランス~馬と駆ける冒険」テーマ曲(Classical Version)

Sound Produced & Music Selected by 新井誠志

【作品解説】
テレビ東京系列で高視聴率を誇る人気経済番組御三家日経スペシャル「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」。今もなお、ロングセラーを続けている「日経スペシャル ガイアの夜明け」のイメージアルバム。口コミでこのCDの人気に火が付き、クラシック、ニューエイジ、ヒーリング好きはもちろん、現役ビジネスマンから団塊の世代までの人気を博しました。その続編的なアルバムが、この"フェニックス2 ~「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」サウンドトラック"です。各番組のオープニング曲、エンディング曲を始め、番組内で使用されている一般リスナーには耳馴染みのある楽曲群をコンパイル。生の音にこだわった、壮大でエモーショナルな楽曲群は、聴く者に安らぎと共に力強いエネルギーを与えてくれます。


【番組情報】

gaia.jpg

「日経スペシャル ガイアの夜明け」

テレビ東京系列にて、毎週火曜日 夜10時から放送中。

毎週流れるテーマ曲は、番組の世界観を創り出す上で非常に大切なものです。ハイライト部分で流れる「鼓動」は見ている人の想像力を掻きたて、エンディング曲「夜空の花」は番組の余韻を創り出す。作曲の新井氏は言います。「コショウは、かけすぎてもいけない。微妙なさじ加減が難しい...」。音の魔術師・新井氏。見た目からは想像できないけれど、奏でる音楽は骨太かつ繊細...です。
(『ガイアの夜明け』プロデューサー 野口雄史)


canbria.jpg

「日経スペシャル カンブリア宮殿」

テレビ東京系列にて、毎週木曜日 夜10時から放送中

村上龍×小池栄子の絶妙コンビによるこの番組も、7年目に突入。ジョー・サトリアーニは、もはや番組の"テーマソング的"存在です。一方、番組のシメは村上さんによる編集後記。「さて今回はどんな内容が...」と画面を見つめていると、流れてくるのは村上さんの大好きなキューバ・シンガーの曲。経済トーク番組×キューバ音楽!この異色の組み合わせが、これまた実に絶妙なのです。
(『カンブリア宮殿』プロデューサー 平井裕子)


jipang.jpg

「日経スペシャル 未来世紀ジパング」

テレビ東京系列にて、毎週月曜日 夜10時から放送中

『未来世紀ジパング』は"世界の沸騰する現場"を伝える異色の経済番組です。世の閉塞感を打破するような取材シーンの連続、そこにさらにドラマティックなイメージを加えるのが、テーマ曲の「ZIPANGU~沸騰」なのです。番組の冒頭、CGタイトルとテーマ曲がシンクロする瞬間には、誇張ではなく毎週ゾクゾクする様な感動を覚えます。
(『未来世紀ジパング』プロデューサー 大久保直和)


【アーティスト・プロフィール】

satoshi.jpg

新井誠志 Satishi Arai
サウンドプロデューサー/サウンドデザイナー/作曲家
東京都大田区出身。音楽制作活動をする傍ら、映像のサウンドデザインを始める。近年では作曲活動も積極的に行い、代表作には、テレビ東京『ガイアの夜明け』エンディングテーマ「夜空の花」、ドラマ 『ルビコンの決断』のテーマ曲「Crossing the Rubicon」「流星の輝き」、ドラマ『風の少年~尾崎豊 永遠の伝説』、NTVパリ・マルモッタン美術展 特別番組『運命の女・モリゾからの手紙~印象派女性画家・ベルト・モリゾを訪ねて~』テーマ曲 等がある。最新作は「フェニックス 2」にも収録されている『未来世紀ジパング』テーマ曲「ZIPANGU~沸騰~」 サウンドデザイナーとしても、これまでに『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』『ルビコンの決断』 MBS『情熱大陸』、WOWOW『ノンフィクションW』、NHK『BS世界のドキュメンタリー』等、多数の映像作品を手掛けている。毎年行われるスポーツの祭典『J.LEAGUE AWARDS』のオープニングセレモニー音楽演出、音楽プロデューサーとしても2000年~2011年まで活躍、J.LEAGUE OFFICIAL ANTHEM 『THE GLORY』のプロデュースも手掛けた。

新井誠志Official Website >>> http://www.satoshiarai.com/

[アルバムへのメッセージ]
2002年4月にスタートした「日経スペシャル ガイアの夜明け」は10周年を迎えました。この間、幸運なことに、テレビ東京を代表する多くの番組テーマ曲の作曲とサウンドデザインに関わらせて頂きました。今も感謝の気持ちで一杯です。ここに収録されている僕のオリジナル曲は、サウンドデザイナーとして長年番組に関わらせてもらった経験を元に、僕が番組のために描きたかった音楽を才能溢れる音楽家、ミュージシャン、スタッフと共に作り上げた楽曲たちです。放送では時間や内容の関係で短いヴァージョンでしか流せなかった楽曲も「フェニックス2」ではフルコーラスで聴く事が出来ます。そして、このアルバムが少しでも聴く人に、元気を与えるサプリメントになってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。十年先も、ずっと先も...。

RELEASE ARCHIVES