CATEGORIES ROCK/POPS/ALTERNATIVE

1986.12.19生まれ AB型 アコースティックギター一本でカラフルなロックを歌うシンガーソングライター。
天真爛漫な空気感と多彩でセンシティブな歌声、アグレッシブなギタープレイは聴く者の心を掴んで離さない。 様々なジャンルに影響を受けた音楽観を生かし、親しみやすいポピュラーミュージックへと転化を遂げた楽曲は聴衆のみならず共演者からの評価も高く、多くのファンを獲得する。 日本最大級のアマチュア......
MORE INFO
2004年.8月 tantan&micco を結成 2005年 グランデコTV & ラジオCM (作曲、演奏) 2006年 Topre ラジオCM (作曲、演奏) JASRAC ラジオCM 出演 「ツムギカゼ」JASRAC ラジオCM ソング 「morado」JASRAC ラジオCM ソング "MINAMI WHEEL 2006" FM802 出演 Happy Fun Radio で「Ohan......
MORE INFO
マリンバ奏者・erimbaこと大橋エリとシンガーソングライターでありながら、キーボード全般、ドラム、マリンバなど多くの楽器が演奏できるマルチプレーヤーとしても知られるミュージシャン・HARCOのユニット、erimba with HARCO。 erimbaプロフィール:国立音大打楽器科を卒業後、フリーのパーカッション&マリンバ奏者としてオールジャンルで活動の他、バンブーオーケストラメンバーとしてア......
MORE INFO
他アーティストのセッションで共感を得、2005年結成。三軒茶屋"GRAPEFRUIT MOON"を拠点に2007年11月より、月1ペースのライブ活動をスタート。カバーでありながらオリジナル曲かと思わせるアレンジと熱いプレイに脚光を浴びる。今年5月、アースガーデンが主催する"EARTH DAY CAMP~Natural High!~"へ出演。 ●melodion 松尾光:in timeではメロディ......
MORE INFO
伊藤芳輝(フラメンコギター):東京都出身。10才よりクラシックギタ-を始める。 フラメンコギターを三沢勝弘氏に師事。フラメンコ、ボサノバ、ジャズ、クラシッ...etc.などあらゆるジャンルの音楽のガットギターのスタイルと音楽理論を研究。 ソロギタリストとして、コンサート、イベント、ライヴハウス、などに出演。2枚のソロアルバムを制作。 スパニッシュコネクションの活動と共に、ギターソロコンサートライヴ......
MORE INFO

'95年に"Lucy Van Pelt"として結成。後'98年に現在のバンド名にチェンジ。現在まで にシングル5枚、アルバム4枚、ミニアルバム3枚をリリース。pop songの裏側にダークかつどこまでも広がるエバーグリーンな世界を併せ持つその魅力は老若男女問わず国内外にも広いファンを持つ。2005年リリースのアルバム"Echo ParK"は日本、韓国、台湾、アメリカで販売、2006年には韓国と台......
MORE INFO
HARCOとQuinka,with a Yawnからなるユニット、HARQUA(ハルカ)。実際に夫婦として生活する2人は、ゆったりとした雰囲気のなか楽しめる「音楽」と「エコ」のイベント"きこえる・シンポジウム"を企画し、好評を博してきました。そんな環境問題に焦点を絞ったコンセプトアルバムを作るために結成。08年12月に発表するミニアルバム「HARQUA」では、スローでアコースティックなサウンドのな......
MORE INFO
No Profile
MORE INFO
No Profile
MORE INFO
'04年mopsy flopsyとして始動。'06年に『a beginners guide to mopsy flopsy』、'07年に『draw a circle』をリリース。 ラジオなどのオンエアを始め、多数のアーティストとライブ共演し話題に。'08年8月バンド名を"Michiluca(ミチルカ)"へ改名。 フリーソウル、ジャズ、フォーク、ボサノヴァなど様々な音の断片を感じさせつつ、独自の解釈......
MORE INFO
パーカッショニストとして活動する他、Takero Ogata名義でラウンジ系インスト作を発表し、Nujabes監修のコンピレーション"Modal Soul Classics"にもトラックを提供している尾方伯郎が、Lampの榊原香保里をボーカルに全面フィーチャーしたポップスユニット。ソフトロックやブラジリアンポップスを下地にしつつ、クロスオーバー感覚を感じさせる洗練されたアレンジが榊原の繊細な声と混......
MORE INFO
これまでFonogenico名義で'04年~'07年に4枚のシングルと1枚のミニアルバムをリリース。その後'08年にメンバーが脱退(作曲、キーボード担当)。以降、都内ライブハウスを中心に1人ユニットとして定期的に自主イベントを開催(毎回ソールドアウト!)。毎ステージで新曲を発表する中、来場者からの問い合わせが殺到。'10年2月心機一転、"カルネイロ"として新生ソロ・プロジェクトをスタート。 O......
MORE INFO
No Profile
MORE INFO
No Profile
MORE INFO
1976年デビュー。 日本青年館でのアルバムデビュー・コンサートには入りきれないファンが殺到し、渋谷公会堂で追加公演を行う。 1977年~78年、エアロスミス、キッスの日本公演にサポートで参加。ミュージックライフ誌人気投票で日本人初のグループ部門1位、ギタリスト部門1位を獲得する。 1982年、香港ACホールでのコンサートを2度に渡り成功させた後、スイスのモントレー・フェスティバルに出演。さらにイ......
MORE INFO